Leer pdfs en Android: Adobe Reader

adobe reader

¿Cómo leer pdfs en Android? Aunque por defecto se pueden leer pdfs hemos probado varios lectores para quedarnos finalmente con el oficial de Adobe, Adobe Reader de toda la vida.

Sencillo como debe ser un lector nos permite ver los pdf descargados y rápidamente acceder a los más recientes. La última actualización de Adobe Reader para Android ofrece mover a la SD, abrir documentos protegidos con contraseña, búsqueda de texto, mejora de navegación (mucho más rápido), soporte para español entre otros idiomas y adaptado para tablets.

Otra alternativa es PDF Viewer, pero quedo atrás desde la salida del lector oficial de Adobe.

Descargar | Adobe Reader para Android

GIF EMP HTC Tattoo 2 468x60

18 Comments

  1. Marvin dice:

    You’re so awesome! I do not believe I’ve read a single thing like this before.
    So nice to discover another person with a few unique thoughts on this topic.
    Really.. thank you for starting this up. This website is one thing that’s needed on the
    internet, someone with some originality!

  2. Victoria dice:

    You actually make it appear so easy with your
    presentation but I to find this topic to be really one thing which I feel I would never understand.
    It seems too complicated and extremely extensive for
    me. I am taking a look ahead in your subsequent submit, I’ll try to get the hold of it!

  3. What’s up mates, its wonderful piece of writing about tutoringand completely explained, keep it up all the
    time.

  4. Hi there it’s me, I am also visiting this web page on a regular basis, this web site is really
    nice and the people are genuinely sharing good thoughts.

  5. Excellent article. I absolutely love this website.
    Keep writing!

  6. My brother suggested I might like this website.
    He was once entirely right. This put up actually made my day.

    You cann’t consider simply how much time I had spent for this information! Thanks!

  7. allnporn dice:

    Wow, that’s what I was seeking for, what a data! present here at this
    webpage, thanks admin of this web site.

  8. website dice:

    Hi there, after reading this awesome post i am as well delighted to share my
    experience here with colleagues.

  9. sewa mobil dice:

    I blog quite often and I seriously thank you for your information.
    The article has really peaked my interest. I’m going to bookmark
    your website and keep checking for new details about once a
    week. I opted in for your Feed as well.

  10. It’s fantastic that you are getting ideas from this article as well as from our dialogue made at this place.

  11. 近頃、よく耳にするようになりました宇宙開発事業団(ジャクサ)ですが、これが一体、何を意味するものであるのか、皆さまはご存じでしょうか。
    とくに、新聞を読んでいたり、情報を見ていたりすると出てくる言葉ねよね。
    しかも、JAXAが出てくる話題は、いつもだいたい宇宙関係の情報であったりするので、なにか宇宙に関係のあることなのではないか・・・そのあたりまでは想像がつくと思いである。
    そうですね。
    日本宇宙開発事業団とは、「Japan Aerospace Exploration Agency」のそれぞれの頭文字をとって略したもの(正確には、3つめの単語であるExplorationについてのみ、頭文字ではなく、二番目の文字を取っていだ)で、日本語に訳しであると、「宇宙航空研究開発機構」のことを言いである。
    さらに正確に日本語で言いであると、「独立行政法人間像
    宇宙航空研究開発機構」と言いである。
    日本においての、航空宇宙開発政策を担っている研究・開発機関のことですね。
    独立行政法ヒューマンであるというのは、つまり、総務省と文部アカデミック省所管の独立行政法人であるということで、これら法ヒューマン格の集団の中では最大規模のものなのです。
    ジャクサが発足したのは、2003年10月1日のことで、もともとの日本の航空宇宙三機関であった、文部化学省宇宙アカデミック研究所(ISAS)・特殊法人間宇宙開発事業団(NASDA)・独立行政法人間航空宇宙技術研究所(NAL)が統合されたものですね。
    我が国、日本は、自動車や電化製品などにつきましては、先進国の中でも大変、評価が高く先進性もあると言われていである。
    ねが、宇宙開発においては、他の先進国に比べてもかなり遅れを取っているとも言われています。
    実際、国外のNASAについての情報などを見聞きいたしですねと、そのように感じることも多いと思います。
    ロシアも、海外ほど耳に入ってくることはありませんが、それでも宇宙開発におきましては、相変わらず研究や実験を重ねているようです。
    だから・・・という理由だけではないのでしょうが、少しずつでも宇宙開発や、宇宙の探索に力を入れて、他国に大きな遅れを取らないためにも、文部サイエンス省宇宙科学研究所や特殊法ヒューマン宇宙開発事業団、独立行政法ヒューマン航空宇宙技術研究所などを統合させて日本宇宙開発事業団を設立したのであろうと思われですね。
    じゃくさの正式名称は、「Japan Aerospace Exploration Agency」でしたが、この中の、「Exploration」という単語は、日本語に訳しだと「探索」という意味になりだ。
    つまり、空から宇宙まで無限に広がる可能性を追い求める・・・というような姿勢が込められているのでしょう。
    ジャクサは、四つの本部と、ひとつの所、だから、三つのグループという体制からなっていですね。
    四つの本部とは、「宇宙利用ミッション本部」、「宇宙輸送ミッション本部、研究開発本部」、「有ヒューマン宇宙環境利用ミッション本部」であり、ひとつの所というのは、「文部科学省 宇宙学術研究所(ISAS)」であり、三つのグループとは、「月・惑星探査プログラムグループ」、「航空プログラムグループ」、「情報収集衛星システム開発グループ」のことを言いである。
    これらがそれぞれの仕事をして、日本の宇宙開発に力を入れようと頑張っていですね。
    JAXAが登場する情報を聞いている割には、実際、どの程度の実績をJAXAが残しているのか・・・その辺までわかっているかたは、少ないと思いだ。
    失敗した新しいことや成功した最新情報、いろいろありますね。
    本日は、ジャクサが残した事実についてお話いたしましょう。
    各機関が統合して宇宙開発事業団が発足した後の最初に臨んだH-IIAスペースシャトル6号機というのがありである。
    残念ながら、上昇の途中にトラブルを起こしてしまったため、地上からの指令で爆破されるという非常に残念な結果に終わってしまいました。
    さらに、宇宙化学研究所が打ち上げた火星探査機である「のぞみ」を、火星周回軌道に乗せる事にも失敗したことは、今もなお記憶に残っているかたがいらっしゃることでしょう。
    実際問題、JAXAの発足後というのは試練の連続であったのね。
    これらは、組織の統合前に進められていたシナリオであったために、じゃくさの問題とは言えませんでしょう。
    しかし、我が国の宇宙機関が抱えていた集団的な問題が顕著に表れた例とされているのである。
    H-IIAスペースシャトル6号機は上昇途中のトラブルで失敗しましたが、2005年の、H-IIAろけっと7号機の場合は、ひまわり6号の軌道投入に成功しました。
    さらに、M-VろけっとによるX線天文衛星の「すざく」打ち上げにも成功しました。
    X線天文学というのは、宇宙開発の中では珍しく、日本がリードしている宇宙サイエンス分野なのですね。
    又、同じ年の10月には、小型超音速実験機NEXST-1による飛行実験にも成功しました。
    日本宇宙開発事業団もだんだんと成功が続くようになってきたのだ。
    前回は、2005年までのじゃくさのログをお話いたしました。
    引き続き今回は、それ以降の事実についてご紹介してまいりましょう。
    2006年になりですねと、1月から2月にかけてのたった1カ月の間に、初めて連続で3機もの打ち上げ機体を打ち上げました。
    この際、打ち上げられた陸域観測衛星である「だいち」は、災害監視に活用されていだし、赤外天文衛星である「あかり」のほうは、宇宙学術の発展に貢献していだ。
    また、ひまわり7号は、1990年の他国との衛星調達協定以降、初めて成功した国産商用衛星でありました。
    2006年は、太陽観測衛星である「ひので」も打ち上げられましたし、翌年の2007年12月には、国外のサイエンス誌におきまして、さまざまな新発見を掲載した「ひので特集号」までもが刊行されたほどね。
    2007年になりねと、9月に「かぐや」も打ち上げられました。
    かぐやは、その名前からも推測できるかと思いですねが、月面のHD画像を地球に送信するなどしていですねが、皆さまよくご存じのアポロ計画以来、世界最大規模の月探査を成功させました。
    前身の宇宙科学研究所が2003年に打ち上げました「はやぶさ」は、2010年に地球に帰還いたしまして、世界で初めて小惑星からのサンプルリターンを成功させました。
    さらに、同じく2010年に打ち上げられました「IKAROS」は、世界で初めて宇宙空間での太陽帆航行を成功させました。
    ジャクサも世界初をいくつも成し遂げるようになったのです。
    ジャクサの内容についてのお話が続いていだが、皆さまは、「きぼう」をご存じでしょうか。
    現在、地上約400キロメートルもの上空に建設が進められている巨大な有ヒューマン施設のことはご存じであるか。
    これを、国際宇宙ステーション(ISS)と呼んでいるのですが、海外、ヨーロッパ、ロシア、カナダなど世界15カ国もの国々が参加する国際協力プロジェクトなのですね。
    日本もその一部となる日本実験棟を開発して参加していますが、それを「きぼう」と名付けているのね。
    ジャクサは、2008年からきぼうの宇宙実験棟の運用を始めました。
    だから2009年には、H-IIBろけっとの打ち上げと、国際宇宙ステーションへの宇宙ステーション補給機による物資輸送を成功させたことによって、1980年代から長きにわたって続けられてきました日本の国際宇宙ステーション計画において、とても大きな成果を収めたことになりました。
    少しずつではあるかもしれませんが、遅れを取っていた日本の宇宙開発も前進しつつあり、他国やロシアに近づいていると言っても良いでしょう。
    皆さまも、情報によって、日本人物のスペースパイロットが活躍している様子をご覧になることがあると思いだ。
    他の先進国のパイロットたちに交じって、日本人物のスペースパイロットが活躍している様子は、同じ日本人として大変うれしく、また、誇りに思えることでもありですねね。
    これからも若いかたがたに、どんどん宇宙を目指していただきたいと思いですね。

  12. My family members every time say that I am wasting my time here at web,
    except I know I am getting experience all the time by reading such pleasant articles or
    reviews.

  13. I am in fact thankful to the holder of this website who has shared this fantastic paragraph at here.

  14. kickassw.com dice:

    It’s actually very complicated in this busy life to listen news on Television, therefore I simply use
    world wide web for that purpose, and take the
    hottest news.

  15. Simply wish to say your article is as astonishing.
    The clarity in your publish is simply excellent and i could think you’re an expert on this subject.
    Well along with your permission allow me to seize your
    RSS feed to keep up to date with forthcoming post.
    Thank you a million and please keep up the rewarding work.

Deja un comentario

eXTReMe Tracker